風俗嬢は今日も舞う

意識してしまうレベルですよ

あの風俗嬢、何となくですけど衣装が小さいような気がしたんですよね。もしかしたら確信犯なのかもしれないんですけど、でも衣装が小さいだけでこっちとしてもいろいろと刺激的じゃないですか(笑)だって普通は衣装が小さい風俗嬢なんてそうそういないですよね(笑)むしろしっかりと衣装を合わせてくれって思うので、自分でも本当に驚きというか、初めての経験だったんですよ。それだけに、初めは突っ込むべき部分なのかどうかで迷ったんですよ。でも突っ込まない方がむしろ何だか滑ってるみたいじゃないですか(笑)だから衣装の小ささを突っ込んだんですけど、笑ってくれたのでやっぱり突っ込み待ちだったのかなって思うことにしました(笑)でも、そのこみのおかげで実際の所とっても楽しい時間を過ごせたので、彼女なりの工夫だったんじゃないかなって。こうして風俗嬢もいろいろと工夫してくれているんだなってことが分かっただけでも収穫かなって思いますね。

義務じゃないですけど、でも行きたくなる

別に風俗は義務ではないので、行かなきゃいけないって訳じゃないんです。そのくらいは自分でもよく分かっているつもりなんですけど、それでも足を運びたくなっちゃうのが男ってものなんじゃないかなって(笑)自分も毎日のように風俗のことを考えている訳ではないですけど、それでも時には恋しくなる時はありますよね(笑)女の子が恋しい時もあれば、女の子に抜いてもらいたいなってことで恋しくなる時もあります。どちらの気持ちになるのかは本当にその日次第でしかないんですけど、でもそういった形でも別に誰かに迷惑をかけているとかではなく、マイペースに楽しめるのでそれはそれで良いのかなって思うようにしています(笑)むしろそれが風俗の魅力と言うか、いつでも男の理想を叶えてくれることこそが大きな魅力でもあると思うんですよね。だから男にとって、かけがえのない場所だという評価を受けているのも個人的には納得だし、だからこその存在感なんですよね。